いすゞ、路線バス エルガ/エルガミオ を改良 ドライバー異常時対応システムを全車標準装備

いすゞの大型路線バス「エルガ」
いすゞの大型路線バス「エルガ」全 3 枚写真をすべて見る

いすゞ自動車は、大型路線バス『エルガ』および中型路線バス『エルガミオ』を改良し、6月11日より発売する。

今回の改良では、ドライバー異常時対応システム(EDSS)を全車標準装備。走行中、ドライバーが急病などで安全に運転できない状態に陥った場合、乗客や乗務員が非常ブレーキスイッチを押すことで、減速して停止させる。スイッチが押されると車内では音声アナウンスと赤色フラッシャーランプにより、異常時であることを乗客に伝達。さらに、車外にはホーンを鳴らし、ハザードランプとブレーキランプを点滅させて異常事態を知らせる。なお、立席の乗客の安全性に配慮し、観光バス用EDSSとは異なるブレーキ制御となっている。

あわせて、アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏み込んでしまった場合、エンジン出力を制御し、ブレーキ操作を優先する、BOA(ブレーキ・オーバーライド・アクセラレーター)を全車標準搭載。安全性を高めた。

さらに、扉の開閉操作により動力伝達の断接を自動で行うオートニュートラルを採用したほか、自動変速の制御プログラムを改良し、より快適な走行と運転負担の軽減を実現。そのほか、エンジンと排出ガス後処理装置に各種センサーを追加・変更し、排出ガス性能にかかわる装置の故障診断の要件強化(高度OBD)に対応した。

価格はノンステップ都市型中乗り、240ps、6速AMTが2708万2080円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ