ニッポンレンタカー、貸し出し全車両にドライブレコーダーを装備へ

イメージ
イメージ全 2 枚写真をすべて見る

ニッポンレンタカーサービスは6月10日、「あおり運転」「偽装事故」などの対策としてドライブレコーダーを2019年7月以降に導入する新車から全車に標準装備すると発表した。

同社では、事故が起きた場合の事故状況や、その経緯を客観的に判断できるドライブレコーダーを一部地域のレンタカー車両に装着を進めてきた。2019年4月末時点における、同社のレンタカー車両のドライブレコーダー装備率は、乗用車・ワゴン車が約70%、商業車を含む全車両での装着率が約40%。

あおり運転が原因の事故や、偽装事故が社会問題になっていることから新たに導入する新車の全車両にドライブレコーダーを装備する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 左からWRX STI、レヴォーグ STIスポーツ、BRZ STIスポーツ
  • 平成30年7月豪雨(7月8日、岡山県倉敷市) (c) Getty  Images
  • ソニックプラス SFR-S01E(スタンダードモデル)
  • akippa(イメージ)
  • レクサス LCコンバーチブル コンセプト
  • マツダ NDロードスター チューニングキット
  • メルセデスベンツ SL 次世代型 テストミュール(スクープ写真)
  • 三菱 パジェロミニ 新型 予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/12/323360.html/article/2019/06/12/323359.html/article/2019/06/12/323361.html