横浜ゴム、「加硫過程におけるゴム中での気泡発生機構の解明」で日本ゴム協会優秀論文賞受賞

表彰される横浜ゴムの佐藤有二氏(左)
表彰される横浜ゴムの佐藤有二氏(左)全 1 枚写真をすべて見る

横浜ゴムは6月12日、同社技術者の佐藤有二氏が「加硫過程におけるゴム中での気泡発生機構の解明」で、日本ゴム協会の「第66回優秀論文賞」を受賞したと発表した。

これまでタイヤ加硫時に気泡が発生するメカニズムは明らかになっておらず、ゴム内に残留する気泡が原因の製品不良を発生させないため、製造過程で必要以上のエネルギーや時間を消費し、環境負荷の増大や生産性悪化に繋がっていた。

研究ではスチレンブタジエンゴムおよびブタジエンゴムにシリカやカーボンブラックを充填剤として配合し、加硫した後にゴム内部の発泡の様子を大型放射光施設「SPring-8」を活用したX線イメージング法により観察する方法を開発。これによりゴムに存在する水分を主とする揮発成分量および架橋剤の配合量とそれらの発泡状態の関係を明らかにした。今回、気泡生成の発生機構を明らかにし、信頼性の高いゴム製品を製造する際の条件設定の一助となったことが評価された。

優秀論文賞は今年で66回目。過去3年間に日本ゴム協会誌に発表された論文の中から毎年優秀なものに対し最多で2件に授与される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KONDO RACING:NISSAN GT-R NISMO GT3
  • 砂地を走る「TRD」の「TOYOTA HILUX」
  • ブリヂストン(ホンダN-VAN)
  • ウェットラグビー大会編
  • トヨタ スープラ GRMN 市販型予想CG
  • BMW M2 CS スクープ写真 
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/13/323401.html/article/2019/06/13/323400.html/article/2019/06/13/323402.html