スズキ スイフト、5万1000台をリコール エアバッグ誤作動で負傷するおそれ

スズキ・スイフト
スズキ・スイフト全 2 枚写真をすべて見る

スズキは6月13日、小型車『スイフト』のエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは、2016年12月26日~2019年1月12日に製造された5万1817台。

エアバッグコントローラの制御プログラムが不適切なため、後席ドアを強く閉めた際に、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグおよびシートベルトプリテンショナーが誤作動することがある。そのため、最悪の場合、エアバッグ展開時に乗員が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、エアバッグコントローラの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は1件発生、事故は起きていない。海外からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・スイフト(インド仕様)
  • スズキ・スイフト
  • スズキ・ディザイア 改良新型
  • マルチスズキの新たな商用車ラインナップ
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ