メルセデスAMG E63 もプレデター顔に…改良プロトタイプがニュル登場

メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真全 9 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ『Eクラス』に設定されるハードコアモデル『AMG E63』改良新型が、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

捉えたプロトタイプには、AMGの証である「パナメリカーナグリル」が装着されていない。しかし『AMG C63』最新モデルにも装着されており、E63に採用されるのは間違いない。ヘッドライトは偽装されているが、『GLE』新型でも見られるブーメラン型LEDデイタイムランニングライトの一部が見られ、フロントエンドは「プレデターフェイス」へ刷新されるはずだ。

また、クロスドリル・ブレーキローター、トランクリッドスポイラー、クワッドエキゾーストパイプやディフューザーなど前回捉えた車両との共通点も見られるが、ブレーキキャリパーやホイールデザインが異なっており、このプロトタイプが上位モデルの「S」である可能性もある。

コックピットには、新デザインのステアリングホイールやセンタースタック、最新世代のタッチパッドコントローラーなどが装備されるだろう。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。現行モデルの最高出力603psがキャリーオーバーされると思われるが、数馬力向上する可能性もあるようだ。

ワールドプレミアは2020年春と予想されるが、9月のフランクフルトモーターショーでサプライズ公開されるかもしれない。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/18/323542.html/article/2019/06/18/323541.html/article/2019/06/18/323543.html