アルピーヌ A110S、日本導入は2020年前半を予定

アルピーヌA110S(ルマン24時間耐久レース2019)
アルピーヌA110S(ルマン24時間耐久レース2019)全 5 枚写真をすべて見る

アルピーヌ・ジャポンは、6月13日にフランスで発表されたアルピーヌ『A110』の高性能仕様、「A110S」の日本市場導入時期について、2020年前半を目途にすると明らかにした。

A110Sは、ルマン24時間耐久レースが開催中のサルトサーキットで発表された。ハンドリング・レスポンスの正確さと、高速走行時の安定性の2点に考慮してチューニングされたという。

価格や仕様など、詳細は未定。本国での価格は、オプション未装着で6万6500ユーロ=約810万円、デリバリーは年末から開始される予定だ。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルピーヌA110カラーエディション2020
  • アルピーヌ A110 リネージ GT アルジャン メルキュールM
  • アルピーヌ A110 カラーエディション
  • アルピーヌA110新型
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ