住友ゴムも市販用タイヤを3%値上げへ---物流コスト上昇を理由に国内3社目

ダンロップ・エナセーブRV505
ダンロップ・エナセーブRV505全 2 枚写真をすべて見る

住友ゴム工業は、8月1日から国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を改定し、平均3%引き上げると発表した。

対象商品は乗用車・バン用、小型トラック用、トラック・バス用、建設車両用、産業車両用、二輪車用タイヤで、値上げ率は夏タイヤ・冬タイヤとも約3%。

値上げ理由は、人手不足などを背景に物流関連費等が高騰。ブリヂストンおよび横浜ゴムも同様の理由で8月1日から国内市販用タイヤを3%値上げすると発表。国内主要メーカーでは東洋ゴムを除く3社が値上げを表明している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • サービス概念図
  • ダンロップ エナセーブ NEXT III
  • 改善箇所
  • 住友ゴム/ダンロップ(トヨタ・カローラ)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV