フォードvsフェラーリ、1966年のルマン24時間耐久レースが映画化

『フォードvsフェラーリ』
『フォードvsフェラーリ』全 3 枚写真をすべて見る

マット・デイモンとクリスチャン・ベイル主演、1966年のルマン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた映画『フォードvsフェラーリ』(Ford v Ferrari)の日本版予告編が解禁された。2020年1月全国ロードショー。

ルマンでの勝利という、フォードモーター社の使命を受けたカーエンジニアのキャロル・シェルビー(演:マット・デイモン)。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(演:クリスチャン・ベイル)に目をつける。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の壁を乗り越え、1966年のルマンで、長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦する。

ジェームズ・マンゴールド監督コメント……「この映画でケン・マイルズとシェルビーの間にあったような友情の価値について考えてもらえれば嬉しい。彼らが生きた時代は、まだ、持ちつ持たれつの関係が技術に奪われていなかった。本作では、当時の車やレースの描写よりも、家族やサバイバルについて、そして、自分の壁を破りたいと思うなら、自分の人生を友人に託せるように努力しなければならない、ということを描いている」

製作は20世紀フォックス映画、配給は20世紀フォックス映画。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ル・マン24時間レース優勝 TOYOTA GAZOO Racing 8号車(左からフェルナンド・アロンソ選手、セバスチャン・ブエミ選手、中嶋一貴選手)
  • 左から小林可夢偉、中嶋一貴、GRパワートレーン推進部の加地雅哉部長。
  • トヨタ東京本社に凱旋した、中嶋一貴(左)と小林可夢偉。
  • 米NASCARに参戦するグッドイヤー
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/28/323913.html/article/2019/06/28/323912.html/article/2019/06/28/323914.html