【鈴鹿10時間】オープンカー対象のコンクールデレガンス開催決定

コンクールデレガンスイメージ写真
コンクールデレガンスイメージ写真全 2 枚写真をすべて見る

鈴鹿サーキットは、8月23日から25日に開催する『2019 第48回サマーエンデュランス「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」』(SUZUKA 10H)にて、希少な車両の展示・審査を行う「SUZUKA 10H コンクールデレガンス」を開催する。

同イベントでは、1980年以前のモデルで、美しく良好なコンディションを保った希少なオープンカーをGPスクエアにて展示・審査する。入賞すると2019年F1日本グランプリ決勝レース前に開催されるF1ドライバーズパレードのパレードカーとして参加する権利をプレゼント。オーナーは、F1参戦ドライバーとともに、国際レーシングコースを1周する特別な体験を味わうことができる。

エントリー料金(税別)は5万円(SUZUKA 10Hの観戦券、ホスピタリティラウンジの利用:日曜のみ、V1/B/Qエリア指定席券を含む)で、鈴鹿サーキット公式ウェブサイトにて8月2日まで申込みを受け付ける。またイベント観覧には、SUZUKA 10Hのパドックに入場可能なチケットが必要となる。

SUZUKA 10Hの前売りチケット(3日間有効)は大人5700円(ゆうえんちモートピアパスポート1日券付)、中高生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円などで発売中。また、運転免許を取得して間もないドライバーをペアで招待する「ルーキードライバー招待」などの企画も実施している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2019年の鈴鹿10時間耐久レース。
  • [鈴鹿10時間]スタートシーン
  • [鈴鹿10時間]優勝した#25 Audi Sport Team WRT
  • 鈴鹿10時間耐久ナイトセッション
  • メルセデスベンツ EQS プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ