フォードと決別、BMW製V8搭載か…ジャガー Fタイプ が驚きの進化

ジャガー Fタイプ 次期型 スクープ写真
ジャガー Fタイプ 次期型 スクープ写真全 10 枚写真をすべて見る

ジャガーの2ドア・スポーツクーペ『Fタイプ』の次期型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

Fタイプは、2011年に公開されたコンセプトカー『C-X16』をベースに市販化され、2013年にデビュー。日本市場にも同年5月から導入されているが、北米では販売台数が伸びず、ライバルのポルシェ『ボクスター』『ケイマン』に遅れをとる状況が続いている。しかし、ジャガーではFタイプをスポーツカーセグメントから撤退させる予定はないとし、次期型の開発に着手した。

ニュルブルクリンクで捉えた開発車両のフロントマスクに注目だ。フルカモフラージュされているものの、従来の太く縦に伸びたヘッドライトは薄くシャープな横型へ刷新され、ジャガー『I-PACE』などに見られる最新のジャガーフェイスへと刷新される。


リアエンドでは、スポーティなテールライトの一部が確認できるほか、大径のセンター出しエキゾーストパイプを装備している。ただし、グレードにより異なる排気口も予想される。

パワートレインは、馬力が向上すると見られる2.0リットル直列4気筒エンジン、及び3.0リットルV型6気筒エンジンをラインアップするが、注目はこれまでジャガーブランドに搭載されてきたフォード製5.0リットルV型8気筒との決別だ。

次期型では、よりパワフルなBMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンの搭載が予想されており、今後ランドローバーブランドへも派生すると思われる。さらに、プラグインハイブリッドやフルEVモデルの設定も期待できそうで電動化も進むだろう。

ワールドプレミアは、2020年内が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/05/324125.html/article/2019/07/05/324124.html/article/2019/07/05/324126.html