北陸新幹線敦賀延伸に伴なう並行在来線承継会社が設立へ---8月、福井市内に準備会社

福井市内に設立される「福井県並行在来線準備株式会社」(仮称)。写真は福井駅。
福井市内に設立される「福井県並行在来線準備株式会社」(仮称)。写真は福井駅。全 2 枚写真をすべて見る

福井県は7月5日、2023年春に予定されている北陸新幹線金沢~敦賀間の開業により、並行する福井県内の在来線を承継する準備会社を8月に福井市内に設立することを明らかにした。

この準備会社は、福井県や沿線自治体、民間が出資する第3セクターの「福井県並行在来線準備株式会社」(仮称)で、資本金は5億円。

2023年春の開業までに社員を300人程度募集するとしており、設立後の9月に採用活動を実施。2021年度には資本金を20億円に増資した上で会社名を正式決定し、本格会社へ移行するとしている。

同社が北陸新幹線敦賀延伸時に承継する在来線区間は北陸本線牛ノ谷~敦賀間79.2km。同区間は2019年3月改正時点で1日104本の普通列車が設定されており、1万9000人程度の乗車人員がある。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 7月18日からの再開が決まった『SLもおか』。
  • バイオディーゼルが混合使用される『あそぼーい!』用のキハ183系1000番台。
  • 現在、豊肥本線の大分側の折返し駅となっている阿蘇駅。7月21日からは約4年3か月ぶりに熊本側から列車がやってくる。
  • 8月10日を最後に引退するキハ48形「リゾートみのり」。
  • 九州全県に「感謝の輪」を描き、世界一の「わ」を目指すという『36ぷらす3』。「36」は九州を楽しむ35のエピソードに加えて「お客さま自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい」という想いを込めたものだという。これに「3」を加えた「39」をサンキューに掛け合わせ、感謝の輪を広げていくという。
  • 6月26日に静岡県庁の知事室で開かれた川勝知事(左)と金子社長(右)の面談の様子。この席で川勝知事は条例に基づく協定締結の可否により、ヤード準備工事の是非を判断すると述べた。
  • 通常は伊豆エリアで運行されている『THE ROYAL EXPRESS』
  • C12形蒸気機関車66号機が牽く『SLもおか』。

ピックアップ