「ランエボ」復活なるか? ルノーメガーヌRS と兄弟車となる可能性

自動車 ニューモデル 新型車
ランサーエボリューション 次期型 予想CG
ランサーエボリューション 次期型 予想CG 全 12 枚 拡大写真
三菱のスポーツセダン、「ランサーエボリューション」(通称ランエボ)が復活する可能性があることを以前お伝えしたが、アップデートされた情報を入手した。

「ランエボ」は、1992年に初代が登場し、ギャランVR-4の「4G63型」ハイパワーターボエンジンを搭載、250psを発揮した。以降23年間10世代に渡り発売されていたが、2015年の限定モデル「ファイナルエディション」を最後に生産終了となっている。2017年には、益子CEOが「ランエボの再開発に挑戦したい」とコメントし注目を集めた。

それから2年が経過しているが、新たな情報としてはプラットフォームにルノー・日産・三菱アライアンスによる「CMF-C/D F4」を採用し、『メガーヌRS』次期型とコンポーネントを共有するというものだ。

パワートレインは2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン+48マイルドハイブリッドシステムを搭載し、最高出力341ps、最大トルク433Nmを発揮、歴代最強ランエボとして復活が期待される。実現すれば三菱自慢の4WDシステム「S-AWC」搭載も期待できるだろう。

新型では、予想CGで見られるように、これまでのボクシーなイメージから脱却。流行のクーペスタイルや最新の「ダイナミックシールド」などを取り入れたデザインが期待される。

三菱 ランエボは復活するか...341馬力のマイルドハイブリッド搭載の新情報!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/06/324167.html/article/2019/07/06/324166.html/article/2019/07/06/324168.html