新潟のえち鉄にも「18きっぷ」…リゾート列車は利用不可 7月20日から

妙高高原駅で発車を待つ妙高はねうまラインの列車。妙高高原駅からの場合、日本海ひすいラインの能生(のう)駅以遠まで利用すれば、「トキ鉄18きっぷ」の方が割安となる。
妙高高原駅で発車を待つ妙高はねうまラインの列車。妙高高原駅からの場合、日本海ひすいラインの能生(のう)駅以遠まで利用すれば、「トキ鉄18きっぷ」の方が割安となる。全 2 枚写真をすべて見る

新潟県のえちごトキめき鉄道は、7月20日から「トキ鉄18きっぷ」を発売する。

JRグループが発売している、快速・普通列車の普通車自由席が延べ5日間乗り降り自由となる「青春18きっぷ」の利用者を対象にした1日乗り降り自由のフリー切符。

「青春18きっぷ」は、基本的にJR線を承継した第3セクター鉄道で利用することはできないが、青森県の青い森鉄道、富山県のあいの風とやま鉄道、石川県のIRいしかわ鉄道については、JR在来線から自社の指定された区間を通過してJR在来線へ連絡する際は例外的に利用できる。

しかし、JR在来線との連絡が直江津駅のみに限られるえちごトキめき鉄道では、そのような例外が適用されていないため、利用の際は別途、運賃が必要となっている。

発売額は1000円(大人用のみ)で、リゾート列車の「えちごトキめきリゾート雪月花」には乗車できない。利用期間は9月10日まで。発売は利用当日のみとなる。

発売箇所は、妙高高原・関山・新井・上越妙高・高田・春日山・直江津・能生(のう)・糸魚川の各駅。列車内でも発売する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 車両モニタリングシステムが導入されるJR貨物のEH800形電気機関車。
  • トンネル内での惨事を免れたJR九州の特急『かもめ』。
  • 新宿方面まで顔を見せることになったヨコハマネイビーブルーの相鉄12000系。
  • ドローンを使った鉄道施設点検実験の様子。
  • 副駅名称の設置イメージ。駅名標の下部に掲出する。
  • 養老鉄道のハローキティラッピング電車のイメージ。桑名市の多度大社など、沿線の観光スポットもモチーフとなっている。
  • 長崎トンネル内で異音を感知して緊急停止した特急『かもめ』。
  • 本来ならば2018年に行なわれるはずだった青函トンネル内の200km/h超走行試験に9月からようやく着手されることになった北海道新幹線。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324353.html/article/2019/07/11/324352.html/article/2019/07/11/324354.html