新潟のえち鉄にも「18きっぷ」…リゾート列車は利用不可 7月20日から

妙高高原駅で発車を待つ妙高はねうまラインの列車。妙高高原駅からの場合、日本海ひすいラインの能生(のう)駅以遠まで利用すれば、「トキ鉄18きっぷ」の方が割安となる。
妙高高原駅で発車を待つ妙高はねうまラインの列車。妙高高原駅からの場合、日本海ひすいラインの能生(のう)駅以遠まで利用すれば、「トキ鉄18きっぷ」の方が割安となる。全 2 枚写真をすべて見る

新潟県のえちごトキめき鉄道は、7月20日から「トキ鉄18きっぷ」を発売する。

JRグループが発売している、快速・普通列車の普通車自由席が延べ5日間乗り降り自由となる「青春18きっぷ」の利用者を対象にした1日乗り降り自由のフリー切符。

「青春18きっぷ」は、基本的にJR線を承継した第3セクター鉄道で利用することはできないが、青森県の青い森鉄道、富山県のあいの風とやま鉄道、石川県のIRいしかわ鉄道については、JR在来線から自社の指定された区間を通過してJR在来線へ連絡する際は例外的に利用できる。

しかし、JR在来線との連絡が直江津駅のみに限られるえちごトキめき鉄道では、そのような例外が適用されていないため、利用の際は別途、運賃が必要となっている。

発売額は1000円(大人用のみ)で、リゾート列車の「えちごトキめきリゾート雪月花」には乗車できない。利用期間は9月10日まで。発売は利用当日のみとなる。

発売箇所は、妙高高原・関山・新井・上越妙高・高田・春日山・直江津・能生(のう)・糸魚川の各駅。列車内でも発売する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月12日の東北新幹線は、下りが東京13時20分発『はやぶさ23号』、上りが新青森11時15分発『はやぶさ52号』が最終となる。
  • JHB:ジェイ・アール北海道バス
  • 10月12日の終日運休が決定している小田急の特急ロマンスカー。写真は70000形GSE。
  • 大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。
  • 常磐緩行線で運行されているJR東日本のE233系
  • 冬・夏用の制服。女性用のリボンタイやスカートは廃止され、男女ともネクタイ着用のスーツスタイルに。制帽は男女とも官帽型とチロリアン(ハイバック)型があり、いずれかを選択する。ネクタイは3種類あるなかから選ぶ。職制を識別するため駅長・区所長用の袖のラインは2本、それ以外は1本となっており、制帽でも5種類を設けて区別する。
  • TX-3000系のイメージ。車体はアルミダブルスキン鋼体で、最高速度は130km/h。
  • 10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324353.html/article/2019/07/11/324352.html/article/2019/07/11/324354.html