日産、ドコモの車内向けネット接続サービスに対応 新型スカイラインより

docomo in Car Connect(イメージ図)
docomo in Car Connect(イメージ図)全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は7月12日、今秋発売する新型『スカイライン』より、NTTドコモが提供する車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を開始すると発表した。

日産は、クルマと社会がつながることにより、新たなカーライフの実現を目指すNissanConnectサービスを展開。カーナビ向けには、リアルタイムな交通情報等で計算した最速ルートの提供や、オペレータとの対話による目的地設定サポート、ドライブに役立つ情報チャンネルやナビ向けメッセージの配信を、スマートフォン向けには、クルマとリンクしたアプリサービスを提供している。

今回、新たに対応するdocomo in Car Connectは、新型スカイラインからスタートする次世代のNissanConnectが提携する新サービスの1つ。車載通信機(TCU)を通じて、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機、ノートパソコンなどの対応端末で、Wi-Fiを利用できる。用途に合わせ、1日、30日、365日の3パターンから利用期間を選択でき、データ通信量を気にすることなく、動画や音楽、オンラインゲームなどを手軽に安心して楽しむことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 キックスデザインスケッチ
  • ZFの先進運転支援システム(ADAS)向け新世代カメラ「S-Cam4.8」
  • 所沢市と日産自動車、電気自動車を柱とする連携協定を締結
  • 日産 キックス
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ