BMWグループ電動車両世界販売、5シリーズ PHV が43%増 2019年上半期

BMW i3
BMW i3全 4 枚写真をすべて見る

BMWグループは7月10日、2019年上半期(1~6月)の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は5万9593台。前年同期比は1.8%減だった。

BMWグループの電動車両には、「i」ブランドのEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』と、PHVスポーツカーの『i8』がある。

また、BMWブランドでは、『2シリーズ アクティブ ツアラー』、『5シリーズ』、『7シリーズ』、『X5』に、プラグインハイブリッド車(PHV)を用意する。さらに、MINIブランドでは、MINI『クロスオーバー』にプラグインハイブリッド車、MINI 『クーパー S E ALL4』を設定している。

2019年上半期実績では、iブランドが前年同期比22%増と伸びた。中でも、主力車のi3が、前年同期比21.2%増と牽引役を果たす。また、BMWブランドでは、5シリーズのPHVが、前年同期比43.4%増と大きく伸びた。

BMWグループの2018年の電動車両の世界販売は、過去最高の14万2617台。前年比は38.4%増と、大幅に増加している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMWグループが電動パワートレインの生産を行う新たなコンピテンスセンター
  • ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型
  • BMW M4クーペ 次期型のプロトタイプ
  • BMWモトラッドの二輪車向けアクティブクルーズコントロール
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ