日野、顧客向け運行管理者等指導講習にドライバーの睡眠改善に役立つ新コンテンツ追加

運行管理者等指導講習の様子
運行管理者等指導講習の様子全 1 枚写真をすべて見る

日野自動車は、顧客向け「運行管理者等指導講習」に、ドライバーの睡眠改善に役立つコンテンツを追加。新コンテンツを盛り込んだ講習を7月13日よりスタートした。

運行管理者等指導講習は、事業用自動車の運行管理者が2年に1回の受講を義務付けられた講習。自動車事故対策機構のほか、国土交通大臣が認定した企業・団体が実施しており、日野自動車は2015年に認定を取得。受講者数は年々増加しており、2018年は約900人が受講した。

トラックによる高速道路での死傷事故件数の約70%は追突事故で、その原因の50%は居眠り運転によるもの。また、2018年6月より施行された国土交通省の事業者向け規則改正にて、睡眠不足の運転手を乗務させることが禁止され、かつ、乗務前の点呼において睡眠不足を確認、報告および記録することが義務化されたことから、運送事業者の睡眠改善へのニーズが高まっている。

新コンテンツの作成にあたっては、睡眠改善プログラム開発のニューロスペースが協力。同社がこれまでに多様な産業現場で蓄積した70社・延べ1万人以上の睡眠課題ビッグデータ・改善ノウハウをもとに、運送事業者が抱える特有の睡眠課題や睡眠の質に関わる生活習慣に焦点を当てた内容になっている。運行管理者は、自社のドライバーがその日から取り組める改善策を動画で学ぶことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV