大豊工業、トライボロジーによる環境技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019名古屋

シリンダヘッドガスケットなどの技術を紹介
シリンダヘッドガスケットなどの技術を紹介全 2 枚写真をすべて見る

大豊工業は7月17~19日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展する。

今回は「トライボロジーから拡がる環境対応テクノロジー」をテーマに、要素部品から機能部品まで幅広い技術で地球環境保全に取り組んでいることをアピールする。特に自動車業界のトレンドの一つである電動化に向けた取り組みの一例を紹介する。

また、内燃機関の低燃費に貢献する軸受技術や、軸受、抄造樹脂、ダイカスト、システム製品などの軽量化技術を紹介する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 会場のパシフィコ横浜
  • 会場のパシフィコ横浜
  • バーチャルスタイリングが楽しめる「リモートファッションコミュニケーションビークル」
  • 触感や温度をグローブを介して、遠隔地で共有できる「3原触モジュール」のデモ
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ