ニッパツ、EV/HEV向けモーターコアなどを紹介へ…人とくるまのテクノロジー2019名古屋

人とくるまのテクノロジー展2019横浜のブース
人とくるまのテクノロジー展2019横浜のブース全 2 枚写真をすべて見る

日本発条(ニッパツ)は7月17~19日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展すると発表した。

今回は、EV/HEV(電気自動車/ハイブリッドカー)向けのモーターコアや、高放熱に優れた金属ベースプリント配線板、軽量化を追求した新素材の懸架ばねなど、次世代自動車に向けた製品をメインに、クルマに使われる「なくてはならないキーパーツ」を展示する。具体的には、CFRPばね/FSD中空スタビライザ/モノリーフスプリングや、疲労低減シート/高遮熱サンシェード、モーターコア/皿ばね/アークスプリングなどを紹介する。

また、トクハツの「高精度プレス品」など、同社グループ会社の製品も出展する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ニッパツ(Webサイト)
  • 板バネ
  • ニッパツのホームページ(2016年8月)
  • ニッパツ(Webサイト)
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ