広島地区に新たな観光列車、2020年秋導入…「瀬戸内マリンビュー」は運行を終了へ

「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。
「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本は7月17日、広島地区に新たな観光列車を導入すると発表した。

これは2020年10~12月に広島県内各地やその周辺地域で開催される「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」に合わせて登場。2020年秋頃から呉線と山陽本線尾道~宮島口間での運行が予定されている。

新しい観光列車は、現在運行されている「瀬戸内マリンビュー」の後継となるもので、キハ47形一般型気動車2両編成を改造。車体は瀬戸内海を表現した青と、海岸線から見える波を表現した白のツートンカラーとなる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ