ブリヂストン、鈴鹿8耐で15チームをサポート 装着チーム14連覇を目指す

ブリヂストンブース(参考画像)
ブリヂストンブース(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

ブリヂストンは、7月25~28日に開催される「2018-2019 FIM世界耐久選手権(EWC)最終戦"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会」に参加する15チームをサポートする。

ブリヂストンタイヤ装着チームは2006年から13年連続で優勝を果たしており、今年もチームを足元から支え、ブリヂストンタイヤ装着チーム14連覇を目指す。

鈴鹿8時間耐久レースは、日中の路面温度が60度を超えることもあり、車両にもライダーにも過酷なレース。また、EWCの最終戦でもあり、グローバルでの注目度も高い一戦となる。昨シーズンはブリヂストンタイヤ装着チームであるF.C.C.TSR Honda Franceが初のEWCシリーズチャンピオンを獲得。今回のレースはブリヂストンタイヤ装着チームのEWCシリーズ連覇がかかった注目の一戦でもある。

サーキット内の同社特設ブースでは、レースをより楽しんでもらえるよう、ライダートークショーやレース車両の跨り体験を実施するほか、プレミアムブランド「BATTLAX」タイヤラインアップも紹介する。また、今年3月に開催された東京モーターサイクルショーで公開したアートグラフィックも展示。さらに、SNSキャンペーンやクイズラリーなどの企画も実施する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS

ピックアップ