横浜ゴム、アジアンラリー参戦の青木拓磨選手をサポート

青木拓磨選手と参戦車両のトヨタ「フォーチュナー」
青木拓磨選手と参戦車両のトヨタ「フォーチュナー」全 2 枚写真をすべて見る

横浜ゴムは、8月10日から7日間にわたって開催されるアジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー2019(AXCR)」に参戦する青木拓磨選手をサポートし、同社のSUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ「ジオランダーM/T G003」を供給する。

AXCRは、ダカールラリーと同格式のFIA(国際自動車連盟)公認レースで、1996年に第1回を開催。以来、アジア各国の山岳部、ジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを舞台に毎年8月に開催されている。

横浜ゴムは、AXCRに2001年から11年連続で協賛したほか、2011年に総合2位と3位、2012年に総合2位となるなど、継続的に好成績を残している。今年は、8月10日にタイのパタヤをスタートし、8月16日にミャンマーのネピドーでゴールする約2200kmで競い合う。

青木選手は、1995年と1996年に全日本スーパーバイクで2年連続チャンピオンとなり、1997年には初参戦の世界GP500クラスで年間ランキング5位を獲得。翌年、シーズン前のテスト走行中に事故で下半身不随となり、ライダーを引退。その後、4輪ドライバーに転向し、海外レースを中心に様々なレースに参戦している。AXCRには2007年から2017年まで連続参戦し、2011年にジオランダー装着車両で総合3位に入った。

今回、青木選手に供給されるジオランダーM/T G003は、マッド、ロック、ダート、砂利など、あらゆる路面でのオフロード性能に加え、優れたロングライフ性能を実現した市販タイヤ。オンロードでの静粛性、快適性にも配慮されている。グアムで行われたスプリント耐久オフロードレース「APL SMOKIN’ WHEELS 2018」でも同タイヤ装着車が優勝するなど、モータースポーツでも優れた性能が実証されている。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BluEarth-GT AE51
  • ADVAN A036
  • ADVAN A08BスペックG
  • 横浜ゴム BluEarth-GT AE51
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/23/324744.html/article/2019/07/23/324743.html/article/2019/07/23/324745.html