カレコ・カーシェアリング、メルセデスベンツ A200d を導入

メルセデスベンツA200d
メルセデスベンツA200d全 1 枚写真をすべて見る

三井不動産リアルティが運営するカレコ・カーシェアリングクラブは、7月26日よりメルセデスベンツ『Aクラス』(Mercedes-Benz A-Class)のクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「A200d」を5台導入すると発表した。

カレコは、2018年12月に新型Aクラス「A180スタイル」をいち早く導入。今回新たに導入するA200dは、A180スタイル同様、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」やSクラスと同等の安全装備を備えるほか、メルセデス・ベンツのコンパクトカーで初のクリーンディーゼル車となる。

A200dのクリーンディーゼルエンジンは、上位クラスの『Cクラス』や『Eクラス』に搭載されているものと同等の機能で、コンパクトなボディを力強く加速させる動力性能を持ちながら、低振動や高い静粛性によって快適なドライブを楽しむことができる。

利用料金は「プレミアム」クラス。サービスの準備が整い次第、会員ページ/アプリより予約可能になる。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ヤリス
  • ジープ ラングラー アンリミテッド ルビコン スカイ-ワン-タッチパワートップ
  • トヨタ ハイエースワゴン
  • ボルボ XC40
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ