【WRC】日本戦テスト大会「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019」にワークスカー2車種が参戦…ヤリスには勝田貴元が搭乗

トヨタ・ヤリスWRC(今季WRCイタリア戦)
トヨタ・ヤリスWRC(今季WRCイタリア戦)全 7 枚写真をすべて見る

24日、来年のWRC日本戦開催を目指し活動中の「WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会」は、今年11月に開催するテストイベント「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019」にWRCトップカテゴリーを戦う2台のワークスマシンの参戦が決まったと発表した。

11月7~10日(競技は9~10日)に予定されている「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019」は、「Rally Japan 2020」(WRC日本戦)の開催に向けて、運営に関わる組織やスタッフの習熟、FIAの医療査察などを実施するテストイベント。もちろんファンに向けてラリー、WRCの魅力を発信する場としても機能するわけだが、そこにWRCトップカテゴリーの“現役”ワークスマシン(WRカー)の参戦が2台(2車種)決定した。

そのマシンは、「トヨタ・ヤリスWRC」と「ヒュンダイ i20クーペWRC」。今季のWRCでも優勝争いを展開しているマシンが、2020年WRC日本戦のプレ大会とも位置づけられる「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019」に参戦、ヤリスのドライバーはトヨタの若手育成選手である勝田貴元になることも決まっている。

勝田貴元選手のコメント
「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019にヤリスWRCで出場することとなり、TOYOTA GAZOO Racing WRTをはじめ関係者のみなさまに感謝しております。僕自身も日本の道をWRカーで走れることにとてもワクワクしています。日本でのヤリスWRCの走りを、ラリーファンのみなさまはもちろん、まだラリーを知らない方にも、多くの方に見ていただきたいです。ぜひ会場に足を運んでください」

なお、ヒュンダイの参戦ドライバーは現段階で未定。

「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019」はターマック(舗装路)戦で、約150kmの競技区間(SS)を含む総行程約730kmで開催される予定。サービスパーク/ヘッドクォーターは長久手市の「愛・地球博記念公園」に置かれる。競技に関する詳細や観戦方法、チケット等については決定次第、発表される予定。

そして開催の正式決定が待たれる「Rally Japan 2020」(WRC日本戦)だが、開催となればおそらくその日程はプレ大会と同じ11月頃で、最終戦かそれに近い位置のラウンドになるものと見られている。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • WRC第11戦トルコの表彰台、中央でジャンプしているのがウイニングドライバーの#1 オジェ。
  • トヨタがWRCドイツ戦で表彰台を独占。ジャンプしているのが優勝のタナク。
  • ラリーレース『WRC 8』PC版はEGS独占か―Steamページは健在も公式サイト上にはEpicロゴのみ
  • トヨタの#8 タナクがフィンランド戦を制して今季4勝目。
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/24/324788.html/article/2019/07/24/324787.html/article/2019/07/24/324789.html