日産 GT-R NISMO 2020年モデル、価格は2420万円 新型ターボチャージャー採用

GT-R NISMO 2020年モデル(4月17日発表会)
GT-R NISMO 2020年モデル(4月17日発表会)全 7 枚写真をすべて見る

日産自動車は『GT-R』シリーズについて、10月8日に発売する「GT-R NISMO」2020年モデルを2420万円で販売すると発表した。

また、同じく10月8日に発売する「GT-R Track edition engineered by NISMO」2020年モデルを1463万6600円で販売することもあわせて発表した。

GT-R NISMO 2020年モデルは、2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型ターボチャージャーを採用した。NISMO用の新たなタービンブレードは、枚数を減らすとともに最新の流体・応力解析を用い、形状を徹底的に見直すことで出力を落とすことなく、レスポンスを約20%向上。アクセルを踏み込んだ際の立ち上がり加速性能を高めている。

一方、GT-R Track edition engineered by NISMO 2020年モデルは、GT-Rほぼそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足回りとボディ剛性を融合した高性能モデル。2020年モデルでは、新開発のハイグリップタイヤに専用レイズ製アルミ鍛造ホイールを採用。さらに、圧倒的な制動力を発揮する専用カーボン製セラミックブレーキ、ボディ剛性を高める専用カーボンルーフ、新構造の専用レカロシートもオプション設定する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 GT-R ゴジラ2.0
  • 歴代GT-R抗菌マスクケース
  • 万年筆スカイラインGT-R(BNR32)
  • 日産 GT-R 50 by Italdesign の市販モデル
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ