フェラーリ 488GTB など、エアバッグ装置に不具合 リコール

フェラーリ488GTB
フェラーリ488GTB全 2 枚写真をすべて見る

フェラーリ・ジャパンは7月24日、『488GTB』などのエアバッグ装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『488GTB』『458スペチャーレ』『458スペチャーレA』『488スパイダー』『J50』『カリフォルニアT』『F12ベルリネッタ』『F12tdf』の8車種で、2013年12月17日~2018年6月4日に製造された186台。

エアバッグコントロールユニットにおいて、コンデンサー内のマイナス端子の接着が不適切なため、電圧が安定しないものがある。そのため、エアバッグ警告灯が点灯し、エアバッグ、シートベルトプリテンショナーが作動しないおそれがある。または、エアバッグ、シートベルトプリテンショナーが誤作動し、最悪の場合、事故につながる、または、乗員が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、エアバッグコントロールユニットのシリアル番号を確認し、該当する場合は当該ユニットを良品に交換する。

改善箇所改善箇所

不具合および事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ