ジャガー・ランドローバー、赤字拡大 2019年度4-6月期決算

ジャガーF-PACEとランドローバーディスカバリー
ジャガーF-PACEとランドローバーディスカバリー全 3 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は7月25日、2019年度4~6月期の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は50億7000万ポンド(約6855億円)。前年同期の52億2200万ポンドに対して、3%減と2年連続のマイナスとなった。

また、4~6月期の最終損益は、3億9500万ポンド(約534億円)の赤字。前年同期の2億6400万ポンドの赤字から、赤字幅が拡大している。

赤字が拡大した要因は、中国での販売不振や新燃費基準の「WLTP」認証の遅れ、英国のEU離脱に関する不透明な状況など。

ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOは、「ジャガー・ランドローバーは大きな変革期にある。事業をさらに効率化し、製品ラインナップの新戦略で、厳しい市場環境に適応する。今年度の黒字化を目指す」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ