マツダ、福祉団体に CX-8 を贈呈…マツダスタジアム来場1900万人を記念

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島
MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島全 2 枚写真をすべて見る

マツダは、2019年5月14日に「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の累計来場者数が1900万人を達成したことを受けて、「社会福祉法人 あさみなみ」(広島市安佐南区)にマツダ『CX-8』を贈呈すると発表した。

この取り組みは、マツダが広島市民球場の命名権取得の際に、社会貢献活動の一つとして広島市に提案したもの。来場者数が100万人を達成するごとに、社会福祉法人 広島市社会福祉協議会が選定した社会福祉団体に、マツダ車を1台贈呈する。

今回の贈呈にともない、8月2日に同球場で開催される「広島東洋カープ 対 阪神タイガース」の試合開始前に、マツダの藤原清志 代表取締役副社長が贈呈先の代表者に目録を渡すセレモニーが行われる予定。

藤原副社長は「昨年9月の1800万人達成から、わずか32試合で100万人もの来場を記録したことは、多くのファンが球場に足を運んでいることを示すもの。今後も1台でも多くのマツダ車を贈呈できるよう、熱い戦いが続くことを期待しています」と語った。

マツダCX-8マツダCX-8

《丹羽圭@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ