【鈴鹿8耐】カワサキ26年ぶり優勝に「信じられない」「ジェットコースターのよう」

ジョナサン・レイ(Kawasaki Racing Team Suzuka 8)
ジョナサン・レイ(Kawasaki Racing Team Suzuka 8)全 7 枚写真をすべて見る

7月28日、鈴鹿サーキットで2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会の決勝レースが行われ、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hが優勝。カワサキが26年ぶりに鈴鹿8耐の頂点に立った。

ハスラム「ジェットコースターのようだった」

レースは序盤からファクトリー3チームが三つどもえの様相を呈した。Kawasaki Racing Team Suzuka 8HとRed Bull Honda、YAMAHA FACTORY RACING TEAMは何度もポジションを入れ替え、接戦を展開する。

しかし最後のスティントで走行を担当したKawasaki Racing Team Suzuka 8Hのジョナサン・レイがトップを走行中、S字で転倒を喫する。それも残り3分を切った最終局面でのことだった。この直後に赤旗が提示され、レースはそのまま終了。

その後、暫定の順位結果として、YAMAHA FACTORY RACING TEAMが優勝、2位がRed Bull Honda、3位がF.C.C. TSR Honda Franceとして表彰式が行われた。

しかしその後、この暫定結果が修正。Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hが優勝という暫定結果となった。

優勝したNo.10 Kawasaki Racing Team(2019年鈴鹿8耐)「今は何と言っていいのかわからないよ。信じられない」と、レイは決勝レース後の会見で語った。実は、修正された暫定結果が出るまでには少々時間を要しており、すでにレイやチームメイトのレオン・ハスラム、トプラク・ラズガットリオグルは鈴鹿サーキットを出ていたのだ。

「もうホテルに戻って、ジントニックを飲みながら夕食をとろうとしていたんだ。そうしたらマネージャーが来て、(結果が変わって)優勝となったということを聞いた。本当にびっくりして、走ってこっちに戻ってきたよ。とてもうれしく思っているし、驚いている」

ハスラムはこのときの気持ちを「ジェットコースターのよう」と率直に表現する。チェッカーまで残り3分を切って、レイは2番手のYAMAHA FACTORY RACING TEAMに対して十分なマージンを築いていた。そんな中で起こったレイの転倒、そして赤旗終了。霧散したと思われた勝利を、数時間後には手にすることがわかったのだ。

「いったんは(優勝を)あきらめていたから、気持ちがジェットコースターみたいだ。思い切りがっかりした気持ちだったところから、やっぱり勝ったんだ、という気持ちになって。あの瞬間(レイの転倒)では、優勝を失ったなと思った。すごくがっかりした気分だったよ。でも、最終的に勝ったということで、うれしい」

2人体制で臨んだ戦い

右:トプラク・ラズガットリオグル/左:ジョナサン・レイ(ともにKawasaki Racing Team Suzuka 8)Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hはこの鈴鹿8耐を、レイとハスラムの2人で戦った。ライダー登録されていたラズガットリオグルは、レースでは走ることはなかった。若きスーパーバイク世界選手権(SBK)ライダーのラズガットリオグルは「すごく疲れたよ」と冗談めかして語った。「ずっと見ている8時間はきつかったよ」

このレイ、ハスラムの2人で走る戦略というのは、決勝日の朝に決定したことだという。

SBKの4連覇王者たる速さを何度も見せたレイは「今回の作戦としては燃費と安定性ということで、それがうまくいった。2人で走ったから、とてもクタクタになったよ。筋肉がつりながら走っている状態だった。でもそれでもあきらめずに頑張ったんだ」と語っている。

優勝したNo.10 Kawasaki Racing Team(2019年鈴鹿8耐)一方、レイのチームメイトであるハスラムは、「鈴鹿8耐のなかでも一番きつかった。ちょっと体調が悪かったから。僕のスティントでは、前半はいいのだけど後半はタイムが落ちてしまった。それを補ってくれたのがチームメイト(レイ)なんだ。そのあたりは(レイに)申し訳なかったなと思うんだ」と明かした。ハスラムはペースを落とし、ライバルたちに追撃を受けるシーンもあった。

これについてはレイが「レオンは本当によくがんばったと思う」とチームメイトを称える。

「実は、レオンは体調を悪くしてしまっていたんだ。お腹を壊したみたいでね、ずっと、トイレがとんでもないことになっているような状態だった。ほんとにがんばって、4スティントもベストを尽くしたと思う」

カワサキが26年ぶりに手にした鈴鹿8耐の勝利は、いくつものドラマを生みだした。

《伊藤英里》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スタートシーン
  • 今年も鈴鹿8耐の逆バンクにバイクのまま乗り入れてキャンプができる逆バンクde 8耐CAMPが開催された
  • 笑顔が素敵なGOSHI Racingの片山千彩都さん(左)と小椋華恋さん(右)。2人をデザインしたステッカーを持ってパチリ
  • 平野ルナさん(TransMapRacing with ACE CAFE)。レース前のインタビュー後。ホワイトボードに初の鈴鹿8耐への意気込みを書いてくれた
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/29/324957.html/article/2019/07/29/324956.html/article/2019/07/29/324958.html