ベントレーが黒字転換、日本国内の新車販売は2.2倍と好調 2019年上半期決算

ベントレー・コンチネンタル GT V8 新型
ベントレー・コンチネンタル GT V8 新型全 3 枚写真をすべて見る

ベントレー(Bentley)は、2019年上半期(1~6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、上半期の売上高は8億3500万ユーロ(約1012億円)。前年同期の7億5700万ユーロに対して、10.3%増と2桁増を達成する。

また、2019年上半期の営業利益は、5700万ユーロ(約69億円)。前年同期の8000万ユーロの赤字から、黒字転換を果たした。

黒字決算となった要因は、好調な新車販売にある。2019年上半期の世界新車販売台数は、4785台。前年同期比は8%増だった。このうち、日本国内では276台を販売。前年同期に対して、およそ2.2倍と伸びている。

ベントレーは、経営効率化プログラムに関連するコスト削減や為替レートも、業績にプラスの効果を及ぼした、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ベントレー フライングスパー スピード新型(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー・フライングスパー新型
  • ベントレーEXP100GT
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/30/325020.html/article/2019/07/30/325019.html/article/2019/07/30/325021.html