【東京モーターショー2019】無料で楽しめるエリアを充実、高校生以下は入場も無料に

第46回東京モーターショー2019
第46回東京モーターショー2019全 6 枚写真をすべて見る

日本自動車工業会は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトで開催する「第46回東京モーターショー2019」の概要を発表。今年は業界の枠を越えた新たなモーターショーの幕開けとなる。

東京モーターショー2019のショーテーマは「OPEN FUTURE」。業界を越えて世界7か国、総勢186企業・団体が参加、オールインダストリーで「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」から「未来の暮らし」「未来の街」まで領域をひろげ、来場者に未来のモビリティ社会を紹介する。

自工会会員各社に加え、主催者プログラムでは、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、経済産業省(予定)、NEDO(予定)と共催し、オールインダストリーでモーターショーを盛り上げる。また、従来の有明エリアに加え、新たな青海エリア、さらにこの2つのエリアをつなぐ全長1.5kmのOPEN ROADなど、モビリティテーマパークとして過去最大規模の面積で開催する。

また、東京モーターショーが初めての人にも気軽に立ち寄り楽しんでもらう無料エリア(試乗・同乗体験は要チケット)を充実させた。OPEN ROADでは、最新の小型モビリティに乗ったり、陸・海・空、様々なモビリティを見ることができる。有明エリアの「DRIVE PARK」では、最新の四輪・二輪車両の試乗体験やステージイベント・デモランのほか、国内初となるFAI公認(予定)ドローンレースを開催予定。クルマやバイクが持つ本来の楽しさ、ワクワクドキドキを感じることができる。さらにMEGA WEB会場で開催する「FUTURE EXPO」には、NTT、パナソニック、NEC、富士通をはじめとするオリンピック・パラリンピック等経済界協議会の企業など、61社の企業・団体が参加。先進のテクノロジーやサービスの展示や試乗など100以上の展示で近未来の一日を体験できる。

さらに、青海展示棟では、キッザニアとのコラボにより、子どもたちが働く街が出現。加えて、MEGA WEB会場では、PS4用ソフト「グランツーリスモSPORT」世界ナンバーワンプレイヤーを決める「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」のワールドツアー第5戦を開催。世界各国からトッププレーヤーが集結し、最高レベルのレースを繰り広げる。

前売入場券のオンライン販売は8月1日から開始。価格は一般1800円(当日2000円)、新たに2DAYパス3500円、通期パス6000円も設定。さらに高校生以下は今回より無料とする。そのほか、一般公開前の10月25日9時から入場できる2万5000枚限定のプレビューデー入場券(3800円)なども用意する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・アコード の2020年モデル(米国仕様)
  • スモールサイズの電動SUVコンセプトカー
  • 「体験型」へシフトするフランクフルトモーターショー。写真は仮設オフロードコースを同乗体験できる「4×4アドベンチャー@IAA」
  • OPEN ROADエリアには展示車両も用意される予定。
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/30/325032.html/article/2019/07/30/325031.html/article/2019/07/30/325033.html