お早めにお買い求めください…JR北海道の「ご当地入場券」が9月で発売終了

4月1日に廃止された石勝線夕張支線の「JR北海道わがまちご当地入場券」。なお、入場券に付いている応募券を10駅分集めると進呈される列車カードについては、11月30日消印分まで応募を受け付けるという。
4月1日に廃止された石勝線夕張支線の「JR北海道わがまちご当地入場券」。なお、入場券に付いている応募券を10駅分集めると進呈される列車カードについては、11月30日消印分まで応募を受け付けるという。全 1 枚写真をすべて見る

JR北海道は7月31日、「JR北海道わがまちご当地入場券」の発売を9月30日限りで終了すると発表した。

この入場券は、JR北海道エリアにある土地ならではの写真を絵柄にした入場券で、2017年7月に発売を開始。累計発売枚数が2年間で約80万枚となるヒット商品となった。

基本的に各自治体の代表駅で発売しているが、駅が無人であることや、有人駅でも窓口が休業していることを考慮して、最寄りの商店やコンビニなどでも発売している。

なお、月曜日となる最終日の9月30日が定休日となる発売箇所では9月29日が最終発売日となることがあるほか、9月30日はみどりの窓口以外の発売箇所で営業終了時刻を繰り上げる場合があるとしている。

JR北海道では、2020年春頃を目途に「JR北海道わがまちご当地入場券」に代わる企画を準備しているとしており、詳細は後日発表される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月30日からは平日夕夜間下りで増便される『京王ライナー』。一方で深夜帯は減便へ。
  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。

ピックアップ

Response.TV