FCA世界販売、日本は8.5%増 2019年上半期

ジープ・グランドチェロキー
ジープ・グランドチェロキー全 3 枚写真をすべて見る

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は7月31日、2019年上半期(1~6月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は219万4000台。前年同期比は12.4%減だった。

市場別実績は、米国が109万6110台を販売し、前年同期比は2%減だった。ラムブランドが、前年同期比28%増の33万3168台と好調。主力の大型ピックアップトラックが、28%増の29万9480台と牽引する。

ジープブランドは、前年同期比8%減の45万6281台を販売した。『グランドチェロキー』が、13%増の12万3272台と伸びた。新型ピックアップトラックの『グラディエーター』は、7252台と良好な立ち上がりを示す。

欧州は上半期、54万0540台を販売し、前年同期比は9.5%減と、2年連続のマイナスだ。ブランド別では、アルファロメオが41.6%減の2万9336台と、後退した。ランチア(クライスラーを含む)は27.4%増の3万4782台と回復した。主力のフィアットブランドは、10.2%減の38万0570台と減少傾向にある。ジープブランドは、2%増の9万2125台とプラスを保った。

また、日本では上半期、ジープ、フィアット、アルファロメオの3ブランド合計で、1万0698台を販売した。前年同期に対して、8.5%増と前年実績を上回っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • アルパインが米FCA社のサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • リアル キッズ アートキャンペーン
  • ジープBIKINI Editionの2台
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/01/325115.html/article/2019/08/01/325114.html/article/2019/08/01/325116.html