トヨタ スープラ、驚異の426馬力へフルチューン!ライバル「ケイマン GT4」を圧倒

自動車 ニューモデル 新型車
リッチフィールド トヨタGR スープラ チューニングカー
リッチフィールド トヨタGR スープラ チューニングカー 全 8 枚 拡大写真
創業22年を迎える、イギリスのチューニングメーカー「リッチフィールド」は、トヨタ『GRスープラ』を過激にチューンした新型カスタムカーを発表した。

今回メインにカスタムしたのはその心臓部だ。スープラのトップグレード「RZ」には、BMW製3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジン「B58」が搭載され、最高出力は340ps、最大トルク500Nmを発揮する。それでも十分なパワーだがリッチフィールドでは、ミルテックとアクラボヴィッチ製エキゾーストシステムを搭載しECUを再プログラミング、ソフトウェアのアップグレードにより最高出力426ps、最大トルク597Nmまで高められている。

これは開発のベンチマークとした、ポルシェ『ケイマン』最新の高性能モデル『718ケイマンGT4』の最高出力420psをも圧倒する馬力だ。

パフォーマンス性能は発表されていないが、リッチフィールドではスープラ専用となるローダウンスプリングキット、グリップとステアリングフィーリングを向上させるサスペンション、さらにカーボンエクステリアのアップグレードなども計画しているという。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/10/325388.html/article/2019/08/10/325387.html/article/2019/08/10/325389.html