東日本大震災の復興道路・復興支援道路は2020年度末までの全線開通にメド

復興道路・復興支援道路の整備状況
復興道路・復興支援道路の整備状況全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は、東日本大震災の復興道路・復興支援道路が2020年度までに全線開通すると発表した(8日)。

東日本大震災からの復興に向けたリーディングプロジェクトとして、国土交通省が中心となって整備を進めている復興道路・復興支援道路の路線全長550kmの整備を進めている。

今回新たに三陸沿岸道路・普代~久慈間の25km、三陸沿岸道路・田野畑南~尾肝要患間の6km、宮古盛岡横断道路・平津戸・岩井~松草間の7km、三陸沿岸道路・気仙沼~唐桑南間の7km、相馬福島道路・霊山~福島間の2kmがそれぞれ2020年度末に開通する予定となった。

この結果、復興・創生期間内の2020年度までに全線開通する見通しとなった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • TOMODACHI Honda グローバル・リーダーシップ・プログラム 2019
  • 貸出待機車両
  • 高速道路無料措置となる母子避難者の対象
  • トヨタ・ヤリス
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ