VW ティグアン、次期型は「クーペSUV」へ大刷新!? プラグイン化も

VW クロスブルー クーペコンセプト(参考画像)
VW クロスブルー クーペコンセプト(参考画像)全 7 枚写真をすべて見る

VWのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ティグアン』が次世代型で大きな路線変更される可能性があることがわかった。

ティグアンは、2006年に市販型に近い『コンセプト・ティグアン』を初公開。2008年には日本仕様が発表され、ミッドサイズSUV『トゥアレグ』に続く同ブランド第二弾SUVとして同年9 月に発売。2016年にはコンパクトな本格クロスオーバーSUVデザインを継承する現行型が登場している。

英「Auto Express」誌によると、次世代型ではアグレッシブなルーフラインを持つ「クーペSUV」が予想されるという。実は2015年終わりにも、ティグアン「クーペ」の噂が立っており、2019年、あるいは2020年に派生モデルとして現行型に設定されるとも伝えられていた。しかしこの最新情報によると、どうやら派生モデルとしてではなく、ティグアンそのものがクーペSUVに進化する可能性があるようだ。プラットフォームには最新世代の「MQB」を採用、最高出力170hpと250hpを発揮する2種類のプラグインハイブリッドの設定などが予想されるという。

ティグアン次世代型の登場は2022年にも期待ができそうだ。

VW クロスブルー クーペコンセプト(参考画像)VW クロスブルー クーペコンセプト(参考画像)

VW ティグアン次世代型、エクステリアは「クーペ」SUVへ大刷新の可能性!

《Spyder7 編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ