二級自動車シャシ整備士、合格率39.8% 2019年度

イメージ
イメージ全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は8月13日、2019年度の自動車整備士技能検定試験(二級自動車シャシ整備士)の合格者が41人だったと発表した。

国土交通省では、道路運送車両法第55条の規定に基づき、自動車の整備の向上を図るため、学科試験と実技試験で構成する「自動車整備士技能検定」を実施している。

今回は、学科試験の申請者数103人に対して合格者数が41人で、合格率は39.8%だった。今回の合格者は全員が自動車整備士養成施設修了者など実技試験の免除者のみだったため、実技試験は実施しない。

学科試験の合格基準は30点満点に対し21点以上の成績で、加えてシャシ、整備用機器・計量器・材料などと法規のそれぞれの分野ごとに40%以上の正答率であること。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 日産自動車追浜工場(参考画像)
  • コンチネンタルの自動運転EV(参考画像)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ