NISMO、日産 GT-R 2020年型用に「スポーツリセッティング」を発売 エンジンチューニング

NISMOスポーツリセッティングのECM
NISMOスポーツリセッティングのECM全 2 枚写真をすべて見る

NISMO=ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは、日産『GT-R』(R35)2020年モデル用「NISMOスポーツリセッティング」を発売する。NISMOスポーツリセッティングは、専用ECM(エンジンコントロールモジュール)等を採用したエンジンチューニングメニュー。

NISMOスポーツリセッティングは各車種向けに、「TYPE-1」と「TYPE-2」の2つのラインナップがある。TYPE-1は、サーキット走行時の速度差による危険回避を目的として、スピードリミッターのみ変更した仕様。TYPE-2はそのエンジンが本来持っているパフォーマンスを最大限に引き出し、よりスポーティなエンジン特性へと進化させるメニューだ。

「NISMO」向けにはスピードリミッターのみ変更した「TYPE-1」を、NISMO以外のグレードには、2020年モデルのエンジン特性にあわせた専用ECMを採用し、中低速域でのトルク向上を実現した「TYPE-2」を設定した。

TYPE-1の出荷は10月8日、メーカー希望小売価格は27万円(消費税抜き本体価格)、TYPE-2の出荷は9月4日、メーカー希望小売価格は31万円(消費税抜き本体価格)。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 GT-R NISMO の2021年モデル
  • 日産 GT-R 50周年記念使用(米国仕様)
  • CG10コアグランナーレオGT-Rトミカ(8月15日発売)、アニメ20話登場(8月16日放送) (c) TOMY/アースグランナー・テレビ大阪
  • スカイライン2000GT-R
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ