ボルボ V90 初のフェイスリフトへ…マイルドハイブリッドも設定か

ボルボ V90 改良新型 スクープ写真
ボルボ V90 改良新型 スクープ写真全 15 枚写真をすべて見る

ボルボのフラッグシップ・ステーションワゴン『V90』改良新型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

初代V90は「900シリーズ」後継モデルとして1997年から1998年まで2年間のみ発売された。その後2017年2月、20年ぶりに『V70』に置き換わる最上級ワゴンとして第2世代がデビュー。これが初のフェイスリフトとなる。

捉えたプロトタイプは、フロントバンパーにカモフラージュが施されており、エアインテーク形状などが再設計されるはずだ。またテールライトは、テールゲートにかかる部分が隠されており、グラフィックが刷新されるだろう。ヘッドライトは偽装されていないが、今後着手される可能性が高い。

パワートレインの注目は『XC90』に搭載された同社初のマイルドハイブリッドだ。これはエネルギー回生ブレーキシステムの搭載により、最大15%の排出ガスが削減できるもの。グレード名はこれまでの「T」と区別され、XC90にはディーゼルエンジンの「B5」とガソリンエンジンの「B6」が設定されている。

安全装備では、ヘッドライトの対向車線暖和、自動ブレーキ、交差点通警報システムなどの搭載が期待できるほか、Apple CarPlayに加えボルボ独自のインフォテイメントシステム「Sensus Connect」(センサスコネクト)のアップデート版が搭載される。

ワールドプレミアは、最速で2019年内、遅れれば2020年以降と予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV