ベスパ LX125 i-get、LEDヘッドライトなど装備充実の新型モデル発売へ

ベスパ LX125 i-get イノチェンツァホワイト(左)、アビオブルー(右)
ベスパ LX125 i-get イノチェンツァホワイト(左)、アビオブルー(右)全 9 枚写真をすべて見る

ピアッジオグループジャパンは、装備を充実させたベスパのコンパクトスクーター『LX125 i-get』新型モデルを10月1日より発売する。

新型モデルは、LEDヘッドランプを採用。視認性向上により安全性を確保したほか、スタイリッシュな外観も実現している。また、アナログスピードメーターおよび燃料レベルと時刻を表示するデジタルディスプレイを組み合わせたコンビネーションメーターを新たに採用。パネル上にはイモビライザー盗難防止システムの作動を示すインジケーターも付属する。

フロントシールド中央に位置するステアリングコラムカバー(ネクタイ)では、ホーンカバーの形状を一新。またサイレンサーカバーやミラーの衣装も変更した他、前後アルミホイールのデザインもよりエレガントな5本スポークホイールへと刷新した。さらにUSB充電ポートやグローブボックスも新たに装備した。

シート形状の見直しにより足付き性も向上。快適性を維持しながら、座面はよりフラットで細くなり、小柄なライダーでも快適に乗れるよう改良している。フットレストの形状も変更。足元のスペースを増やしつつ、小柄なライダーでも足を地面に設置させやすい形状に改良し、利便性を高めている。

そのほか、エンジンとシャーシ間のリンクをダブルスイングアーム方式に変更。エンジンからの振動を軽減している。

ボディカラーはイノチェンツァホワイト、アビオブルー、エネルジアブルーの3色を設定。価格は39万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/04/326104.html/article/2019/09/04/326103.html/article/2019/09/04/326105.html