日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ

自動車 ビジネス 企業動向
日野自動車とハコブが資本提携
日野自動車とハコブが資本提携 全 1 枚 拡大写真
日野自動車は9月4日、企業間物流の最適化を目指し、IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム「ムーボ」を提供するHacobu(ハコブ)と資本業務提携契約を締結したと発表した。

両社は、「ドライバー不足等によって、物流が立ち行かなくなるのではないか」という危機意識と、「物流危機の解決を目指して、オープンな物流情報プラットフォームの展開とソリューションの具体化を推進したい」という目的が一致し、資本業務提携契約を締結。日野自動車は、9月中に第三者割当増資の形式でハコブの新株を引き受け、1億8700万円を出資する。

両社は今後、 物流に関連する社会および顧客課題の特定やそれを目的とした実証実験の企画・実施を行う。また、IoT/クラウドを活用したオープンな物流情報プラットフォームの形成に向け、コネクテッド領域を中心とした企画・開発・運用面で相互協力。物流業界の課題解決に関わる様々なステークホルダーへの働きかけ、社会課題解決に向けた巻き込みなどを進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

編集部ピックアップ