【レッドブル・エアレース 最終戦】室屋義秀が敗者復活から圧倒的フライトで優勝! 2位のマット・ホールは初総合優勝

RED BULL AIR RACE CHIBA 2019/Round of 8/FINAL 4
RED BULL AIR RACE CHIBA 2019/Round of 8/FINAL 4全 27 枚写真をすべて見る

「最後の最後、レッドブル・エアレースの空で、彼はものすごい何かをもってる」…同レースを10年間追い続ける外国人記者をこう言わしめたのは、準決勝にあたるラウンドオブ8。その前のアタックで0.015秒差で負け、まさかの敗者復活ではい上がった室屋の圧倒的フライトだ。

「ここまでくれば勝つだけだ」。4人で最後のチャンピオンを決める大一番、ファイナル4(決勝)。室屋は木更津駐屯地のハンガーを離陸。そして、室屋の前を飛ぶパイロットはなぜか、パイロンにヒットする。予選ではベン・マーフィー(イギリス)がヒット、このファイナル4では1番手のピート・マクロードがヒットし、室屋に期待する観衆はどよめく。

室屋が飛ぶころ、幕張海上はやや大きめの風が海岸線に沿って吹いていた。日本の空を知り尽くした室屋は幕張コースを果敢にせめてノーペナルティで58.630秒。ゴール直後、観衆にむけてクルクルっと3回転。残るはあと2人、アメリカのベテラン、カービー・チャンブリスとマット・ホール(オーストラリア)だ。

カービーは室屋のあとを追うように59.601秒。この時点で室屋は2位確定。残りはひとり、マット・ホールだ。室屋は木更津駐屯地のハンガーにつくや「アメイジング」と一言。最後の最後のアタックとなる、マット・ホールのフライトを静かにみつめ、格納庫へと消えていく。

RED BULL AIR RACE CHIBA 2019/Round of 8/FINAL 4RED BULL AIR RACE CHIBA 2019/Round of 8/FINAL 4

マット・ホールもやや強めの風が吹く幕張海上を飛ぶ。ゴールパイロンを切ってみると…タイムは60.052秒。この時点で3位に決まったマット・ホールは悔しそうな顔のあと、木更津上空でガッツポーズ。木更津ハンガーで見届けるスタッフから総合ポイントの知らせがあったのか、あふれる涙をこらえながら笑顔で大空を旋回する。

この瞬間、室屋義秀のレッドブル・エアレース千葉大会優勝、マット・ホールとしては初の年間総合優勝が決まった。年間ポイント合計点数は、マット・ホールが81ポイント、室屋義秀が80ポイント。最後の最後、室屋が1ポイント差まで追い上げたが、総合優勝は逃した。

RED BULL AIR RACE CHIBA 2019/Round of 8/FINAL 4RED BULL AIR RACE CHIBA 2019/Round of 8/FINAL 4

それでも、観衆もメディアも関係者も、興奮さめやらないまま拍手喝采。最後のレッドブル・エアレースは、地元日本人パイロットが敗者復活からのまさかの優勝、マット・ホールが逃げ切り総合優勝と、各々が有終の美を飾った。

《大野雅人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  4. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  5. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  6. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  7. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  8. オートバックスグループ、「AUTO IN車検・タイヤセンター」6店舗を運営開始
  9. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る