「より速く、より低燃費」富士スピードウェイ、エコカーカップ開催 9月28日

スタートの様子
スタートの様子全 7 枚写真をすべて見る

富士スピードウェイは、「エコカーカップ 2019 オータムフェスティバル」を9月28日に開催する。

エコカーカップは、「より安全に」、「より速く」、「より低燃費に」をテーマに、省燃費技術が採用されているエコカーが参加できる3時間耐久レース「チャレンジ180」と、軽自動車やハイブリッドミニバンも参戦できる1時間耐久レース「エンジョイ60」の2種目で開催。これまでの最多となる15クラス137台が「静かで熱い」バトルを繰り広げる。

競技は、時間内の速さを競う「順位」と、スムーズな運転技術を競う「燃費」をそれぞれポイントに換算し、総合順位を決定する。決勝では、ドライバーとナビゲーターの2名が乗車して走行。ピットインや規定周回数などをこなし、速さと燃費をうまくバランスさせる戦略とチーム力が上位入賞へのカギとなる。また、両種目にダブルエントリーし総合優勝したチームには「マスター オブ エコカー」の称号が与えられるほか、上位入賞者には協賛各社より副賞が贈られる。

チャレンジ180については既に定員に達し、現在エンジョイ60の参加者を募集している。参加料は1万9500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2018年のTGRFの模様。
  • コスプレ変則ルマン式スタート(富士K4-GP)
  • 総合優勝したトータスレーシング(富士K4-GP)
  • ル・マン24時間レース優勝 TOYOTA GAZOO Racing 8号車(左からフェルナンド・アロンソ選手、セバスチャン・ブエミ選手、中嶋一貴選手)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/11/326381.html/article/2019/09/11/326380.html/article/2019/09/11/326382.html