BELLヘルメット、数量限定カラー4商品発売へ アクティブより

BELL STAR II トリコロール
BELL STAR II トリコロール全 9 枚写真をすべて見る

アクティブは、「BELL」ヘルメットの2019数量限定カラー4商品を発表、10月下旬より順次デリバリーを開始する。

1957年にロイ・リクター氏が立ち上げたBELLヘルメットは、現代のフルフェイスヘルメットの元となる「STAR」をはじめ、伝説的なモデルを数多くリリース。アクティブではアジア人に合わせた帽体と、日本の公道を走るために必要なSG規格を取得し展開している。

1960年後半から1970年代のバイクにベストマッチする「STAR II」(税別3万4000円)からはトリコロールとダークブルー、ノスタルジックなシェルデザインに最新技術のスペックを搭載した「M3J」(同3万6000円)からはグレー、ジェットタイプの「500-TXJ」(同2万2000円)からはブルーグレイ。3モデル4カラーの数量限定モデルを用意する。

また、自社ブランド「ACTIVE」からは、カワサキ『Z900RS/カフェ』2018-19用スイングアームを10月末より発売する。新製品は、ストリートを中心に剛柔のバランスを徹底的に追求し、進化するタイヤの特性をより活かすことができるストリートスポーツスイングアーム。メインアームや削り出しエンドピースにはA7N01材を使用。適度にしなりながらも剛性が高まることで直線での振れが減るほか、タイヤの接地感が向上し、コーナリング時には新鮮でスポーティなアクセルコントロールを楽しめる。価格(税別)は32万円。

さらに同じく「ACTIVE」から、転倒ダメージを軽減する、スズキ『KATANA』2019年モデル用フレームスライダーを10月下旬より発売する。POM(ポリアセタール樹脂)の中にはめこまれたアルミで滑りすぎによる二次被害を抑止。丸い形状であらゆる方向からの衝撃を受け流すラウンドタイプで価格(税別)は1万0800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/12/326416.html/article/2019/09/12/326415.html/article/2019/09/12/326417.html