千葉県内の鉄道、JR線の運行見合せは3線区に縮小…私鉄2社は停電の影響で見通しが立たず 台風15号

市原市の五井駅を起点とする小湊鐵道(右)と、いすみ市の大原駅を起点とするいすみ鉄道(左)が接続する上総中野駅。同駅には4日連続で列車が来ていない。いすみ鉄道の黄色い車両は、現在は運行されていない「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
市原市の五井駅を起点とする小湊鐵道(右)と、いすみ市の大原駅を起点とするいすみ鉄道(左)が接続する上総中野駅。同駅には4日連続で列車が来ていない。いすみ鉄道の黄色い車両は、現在は運行されていない「ムーミン列車」。2010年9月撮影。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本千葉支社は9月12日、台風15号の影響により千葉県内の3線区で依然、運行見合せが続いていることを明らかにした。

同支社の発表によると、9月12日は内房線君津~安房鴨川間、外房線勝浦~安房鴨川間、久留里線(木更津~上総亀山)全線で終日運行を見合わせるとしている。

それ以外の線区は、通常より運行本数を減らしながらも全線で運行を再開しており、特急は外房線の『わかしお』が東京~上総一ノ宮間で、総武本線の『しおさい』が東京~銚子間全線で運行されているが、一部の列車は運休している。

JR線以外の千葉県内の鉄道では、小湊鐵道(五井~上総中野)といすみ鉄道(大原~上総中野)で依然、運行見合せが続いており、再開の目途が立っていない。

東京電力パワーグリッドの発表によると、14時44分現在、千葉県内では約32万7700軒で停電が解消されていない状況で、小湊鐵道沿線の市原市が約3万6000軒、小湊鐵道といすみ鉄道沿線の大多喜町が約1700軒、いすみ鉄道沿線のいすみ市が約600軒で停電が続いている。

停電により、踏切などの線路設備を稼働できない状況になっているため、両鉄道とも4日連続の全面運休となった。

復旧の見通しは、東京電力ホールディングスの発表によると、千葉市・八千代市・四街道市・印西市の全域と市原市の一部地域では9月12日中、それ以外の地域は9月13日以降とされており、現在、総勢1万1000人態勢で作業を進めているという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。

ピックアップ