千葉県内の鉄道、JR線の運行見合せは3線区に縮小…私鉄2社は停電の影響で見通しが立たず 台風15号

市原市の五井駅を起点とする小湊鐵道(右)と、いすみ市の大原駅を起点とするいすみ鉄道(左)が接続する上総中野駅。同駅には4日連続で列車が来ていない。いすみ鉄道の黄色い車両は、現在は運行されていない「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
市原市の五井駅を起点とする小湊鐵道(右)と、いすみ市の大原駅を起点とするいすみ鉄道(左)が接続する上総中野駅。同駅には4日連続で列車が来ていない。いすみ鉄道の黄色い車両は、現在は運行されていない「ムーミン列車」。2010年9月撮影。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本千葉支社は9月12日、台風15号の影響により千葉県内の3線区で依然、運行見合せが続いていることを明らかにした。

同支社の発表によると、9月12日は内房線君津~安房鴨川間、外房線勝浦~安房鴨川間、久留里線(木更津~上総亀山)全線で終日運行を見合わせるとしている。

それ以外の線区は、通常より運行本数を減らしながらも全線で運行を再開しており、特急は外房線の『わかしお』が東京~上総一ノ宮間で、総武本線の『しおさい』が東京~銚子間全線で運行されているが、一部の列車は運休している。

JR線以外の千葉県内の鉄道では、小湊鐵道(五井~上総中野)といすみ鉄道(大原~上総中野)で依然、運行見合せが続いており、再開の目途が立っていない。

東京電力パワーグリッドの発表によると、14時44分現在、千葉県内では約32万7700軒で停電が解消されていない状況で、小湊鐵道沿線の市原市が約3万6000軒、小湊鐵道といすみ鉄道沿線の大多喜町が約1700軒、いすみ鉄道沿線のいすみ市が約600軒で停電が続いている。

停電により、踏切などの線路設備を稼働できない状況になっているため、両鉄道とも4日連続の全面運休となった。

復旧の見通しは、東京電力ホールディングスの発表によると、千葉市・八千代市・四街道市・印西市の全域と市原市の一部地域では9月12日中、それ以外の地域は9月13日以降とされており、現在、総勢1万1000人態勢で作業を進めているという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ