三菱自動車、電動小型SUVコンセプトカーを世界初披露へ…東京モーターショー2019

スモールサイズの電動SUVコンセプトカー
スモールサイズの電動SUVコンセプトカー全 1 枚写真をすべて見る

三菱自動車は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にて、スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを世界初披露すると発表した。

コンセプトカーは「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV」をテーマに、三菱自動車独自の電動化技術と四輪制御技術の粋を惜しみなく投入した「SUV」×「PHEV」×「4WD」の新しい提案となる。

構成要素の多いプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを軽量・小型化し、電動4WDシステムとともにスモールサイズのSUVに凝縮。日常での安心・安全で意のままの走りはもちろん、アウトドアシーンでの未舗装路や悪路でも一歩先まで踏み込める、電動SUVがもたらす新感覚の走行体験を提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ