トヨタ ハイエース など、燃料漏れでエンストのおそれ リコール

トヨタ・ハイエース
トヨタ・ハイエース全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は9月26日、『ハイエース』などの燃料パイプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、トヨタ『ハイエース』『レジアスエース』『ランドクルーザープラド』の3車種で、2019年3月11日~6月4日に製造されたディーゼル車6651台。

燃料噴射装置にて、燃料ポンプとコモンレール間を接続する燃料パイプの締付トルク指示が不適切なため、パイプの組付ばらつきにより、エンジンの振動等で締結部が緩むことがある。そのため、燃料漏れが生じてエンストするおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料パイプおよびクランプを対策品に交換する。

不具合は9件発生、事故は起きていない。社内からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダンロップ SP175N
  • ECOPIA RD613
  • トヨタ ハイエース
  • 少人数制の通勤専用シャトル(イメージ)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ