テスラ EV、エンタメや自動運転機能を強化…全世界で史上最大の無線アップデートへ

テスラのEV
テスラのEV全 1 枚写真をすべて見る

テスラ(Tesla)は9月26日、「ソフトウェアバージョン10.0」を全世界のテスラのEVに、無線アップデートを通じて導入すると発表した。

ソフトウェアバージョン10.0は、テスラ史上最大のアップデートになる。新しいエンターテインメントをはじめ、ゲームや音楽、便利な機能のレベルを引き上げ、車内で過ごす時間をより楽しくするのが狙いだ。

「テスラシアター」は、Netflix、YouTube、Hulu、Hulu + Live TVアカウントに接続する。駐車中のテスラ車の車載大型ディスプレイを通じて、お気に入りのテレビ番組や映画、コンテンツを直接見ることができる。

「カラオケ」機能も新採用された。複数の言語に対応した音楽と歌詞の膨大なライブラリが付属しており、車内でカラオケが楽しめる。

また、「スマートサモン」として、自動運転システムが強化される。スマートサモンは、広い駐車場で車両が目視できる場所にある場合、車両を自動運転で呼び寄せることができる機能だ。スマートサモンの利用について、テスラは、車両に対する責任を維持し、常に車とその周辺を監視する必要がある、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラのEV
  • テスラのEV
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデルS(参考)
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV