フォード エクスプローラー、強度不足でリアサストーリンク破損のおそれ リコール

フォード・エクスプローラー(2014年)
フォード・エクスプローラー(2014年)全 2 枚写真をすべて見る

フォードモーターカンパニーは9月27日、『エクスプローラー』のリヤサスペンショントーリンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2010年10月18日~2015年12月7日に製造された7402台。

リヤサスペンショントーリンクの設計時強度検討が不適切なため、溶接部の強度が不足しているものがある。そのため、金属疲労等により溶接部分が破損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、左右のリヤサスペンショントーリンクを対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デュアル・ウォール・ダッシュボード
  • フォード・エクスプローラー(参考画像)
  • フォード・エクスプローラー(2014年)
  • フォード・エクスプローラー
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ