可変ボディのスズキ『ワクスポ』は家庭内シェア…東京モーターショー2019展示予定

スズキ・ワクスポ(クーペ)
スズキ・ワクスポ(クーペ)全 16 枚写真をすべて見る

スズキ(Suzuki)は25日、東京モーターショー2019の出品概要を発表した。メインステージを飾るコンセプトカーの1台が『WAKUスポ』(ワクスポ)だ。世代を超え、日常でも趣味でも、1台で楽しさやワクワクを家族でシェアできるパーソナルコンパクトPHEVの提案。

「ワクワクスイッチ」を押すとリヤの車体構造が変化し、ノッチバッククーペスタイルとワゴンスタイルにスイッチする。フロントグリルの意匠も変わる。インパネもドライバーの好みで変更でき、クーペ向けとして、全面大型モニター、ワゴン向けとして木目調加飾が設定された。

ワクスポの全長3700mm、全幅1650mm、全高1430mm(クーペとワゴンで共通)のAセグメントボディで4名乗車、パワーヨニットはPHEV、駆動レイアウトは4WDを想定している。

スズキは軽クーペの『セルボ』(1982年発表)をベースにピックアップの『マイティーボーイ』(1983年発表)を開発したことがある。また1986年に日産が、可変ボディではなくパネル交換でクーペとワゴン(キャノピー)にスイッチできる『エクサ』を発表している。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ